トップページ > 不倫調査の内容

不倫調査の内容

不倫調査を依頼しようとお考えの場合は、まず業者にアポイントメントを取りましょう。電話やメールによる相談を受け付けている業者も多いので、気になる点があれば問い合わせて確認しておきます。実際に対面でヒアリングを行なう段階になったら、分かっている限りの情報と事情をお話ください。ヒアリングが終了し、調査を始める前に調査の日時・料金・方法が提示されます。特に料金の見積については念入りに確認しましょう。通常、期間は一週間程度、料金は数十万円から百万円が相場となっています。もし費用に対して不安があればプランを変更して可能な犯意で調査を依頼してください。

不倫調査を始めた段階で、着手金が生じる業者もあります。ある程度の現金は前もって準備しておいてください。契約書を提示されるはずですから、契約内容をよくご確認ください。

業者によっては事前調査(予備調査)を実施する場合もあるようです。不倫相手および配偶者の身元確認を中心に、自宅、勤務先などを調べます。本調査は、不貞の現場を確認するまで続けられます。併せて不倫の証拠(写真など)を入手すべく、尾行、張り込みなどが実施されます。

調査が完了したら、依頼主に報告がなされます。報告書やレポートの形で詳細な説明を受けられます。この際に料金が確定、請求がなされます。具体的な証拠や、満足な調査結果が得られなかった場合は、不倫調査の延長を依頼することも可能です。ただし追加料金が発生しますから、再度契約内容をよくご確認ください。

関連エントリー
結婚式のスペシャリスト
不倫調査のポイントは
不倫調査の内容
自力の不倫調査
不倫調査の費用は
不倫調査の予備知識
不倫調査のメリット
不倫調査の流れ
不倫調査業者の選び方
不倫調査の基礎知識
不倫調査とは
メニュー
夫婦生活のトラブル
夫婦生活ナビゲーション
結婚観について
リンク
運営者情報