トップページ > 不倫調査のメリット

不倫調査のメリット

不倫調査は、離婚を行なう際に大きなメリットをもたらしてくれます。民法770条1項により、配偶者に不貞な行為があったときは、離婚の訴えを提起することが認められています。たとえ配偶者に離婚の意思が無くても、あなたが離婚を望めば法的に離婚が成立します。不倫調査を行い不貞の証拠を手にすることで、離婚を確実に進めることが可能となります。

逆に、不倫をしている側からの離婚請求は法的に認められません。例えば、あなたの配偶者が建前として、あなたの非(家事をしない、価値観の相違など)を理由に離婚をしようとしても、不倫の事実が不倫調査で明らかになっている場合、離婚は成立しません。

離婚について合意がある場合は、慰謝料の請求が行なえます。不法行為を行った配偶者に対して、「精神的な苦痛」に対しての損害賠償請求する権利を得ます。さらに、不倫調査で浮気相手の住所・名前などを特定することによって、浮気相手にも慰謝料請求が可能になります。

調査の結果を公にするかしないかは依頼者の自由ですから、もちろん家庭を存続させることも可能です。例えば数年後、将来的に離婚を決意した場合でも、不倫調査の結果(証拠)を活用して優位な立場(親権争いや慰謝料請求の際)に立つことが可能です。ただし、慰謝料請求については、「不貞行為を知った時点から3年」経つと時効になるので注意してください。

ときには、不倫調査によって「不倫をしていない」ということが明らかになるケースもあります。不倫調査で疑いが晴れれば、精神的に大きなゆとりを得ることができるはずです。疑心暗鬼で毎日を送るのはつらいですし、あらぬ疑いは家庭の不和の原因ともなります。

関連エントリー
結婚式のスペシャリスト
不倫調査のポイントは
不倫調査の内容
自力の不倫調査
不倫調査の費用は
不倫調査の予備知識
不倫調査のメリット
不倫調査の流れ
不倫調査業者の選び方
不倫調査の基礎知識
不倫調査とは
メニュー
夫婦生活のトラブル
夫婦生活ナビゲーション
結婚観について
リンク
運営者情報